引越し

引越しの際にテレビのアンテナを設置する

女性が引越しをするときなどに問題になってくるのは、テレビのアンテナを取り外して、引越し先に設置をする作業です。
古い賃貸アパートに暮らしている人の場合は、大家さんが宅内配線されているアンテナ線に地デジアンテナを供給出来ていない場合があるのです。

 

その時には、ベランダに地デジ用のアンテナを設置する必要があります。
アンテナを固定するための長めの棒が必要になってきます。強度などを考えると細めの塩ビパイプなどが適しているのですが、
これをベランダに固定して、その上に地デジアンテナを設置するという作業があります。

 

そしてそのアンテナ線を、エアコンの配管の穴などから通していき、家の中にあるテレビに接続するという作業が必要になってきます。
このような手間のかかる作業をやった後で、引越しとなれば、もう一度バラして作業をやり直すという段取りが必要になってくるのです。

 

そのような作業を引越し業者が請け負うサービスがあります。
引越しの際のサービスとしてはそれ程費用のかかるサービスでもないので、色々な作業を全てまとめてお願いした場合に、アンテナの設置作業をサービスで入れてくれるというパターンもあるのです。

 

なので、引越し見積もりの際にはそのあたりを話してみることです。