引越し

引越しの際の梱包に気をつける事

引越しの梱包をするときには、大きな箱にガンガン詰めて早めに完了させてしまおうと思うと失敗してしまうことがあります。
特に箱の中に並べて生きやすい本の場合は、小さめの箱に入れる必要があるのです。

 

本は紙で出来ているので積み重なると結構な重さになります。
これが綺麗に並んだ状態で箱に整理されていく事になるので、本が20冊も合わさってしまうと相当な重さになってしまいます。
これだと、ダンボール箱の底が抜けてしまう可能性があるのです。

 

そんな事を考慮して、小さめの箱に詰めていくようにします。
本以外にも鉄で出来ている鉄アレイなどの道具があるのなら、これらも小さな箱に詰めていく必要があります。
ただ、非常に重い場合には、やはり底が抜ける可能性は残っているので、ダンボール箱ではなく固いスチールまたはアルミなどの缶に入れていくなどの方法も必要かと思います。

 

荷造りをするときには、軽いものと重いものを分けてから整理をするのです。軽いものの場合は、大きなダンボール箱に押し込んでも問題ないので、ぬいぐるみやカーテン、クッションなどは大きな箱に詰め込んでしまいます。

 

そして、車に積み込みをするときには、重いものは下に置いて、軽いものの場合は荷崩れしても大丈夫なので上の方に置くのです。

 

引越しが決まったらまずはコレ! 引越し料金 相場を調べてみましょう!!